【レポ】タペストリー収納レポ【防虫防湿】

ここではこの前何となく閃いたそこそこ良さそうなタペストリーの収納方法を紹介します。
収納に使用したのは以下の6点です。

①ごみ箱「アスベル SPハンドル付ダストボックス70L G 6727」(サイズ:47.7×40×64.3cm)
②圧縮袋1「50*70cm 6Pcs」(A1まで収納可)
③圧縮袋2「ダイソー 圧縮袋 衣装ケース用 45*60cm」(B2まで収納可)
④乾燥剤「なんでも除湿シリカゲル 1kg」(抱き枕カバー収納と同じもの)
⑤封筒(自由)
⑥防虫剤「ピレパラアース 防虫剤 1年用 無臭タイプ

見てのとおり「タペストリーを圧縮袋に入れて収納しちゃおう!」って作戦です。ごみ箱を使うのはタペストリーを縦に収納するためです。横置きの場合だと、下になったタペストリーが潰れて変形したり、取り出す時も一苦労なので縦に収納したいと思っていました。
圧縮袋に収納するのが基本になるので、ほとんどAmazonで揃えましたが収納箱(ごみ箱)や圧縮袋自体は好みで選んで問題ありません。



50*70cmの圧縮袋1に入れてみる
まずはAmazonで購入した50*70cmの圧縮袋にタペストリーを入れてみます。ここでは圧縮袋はサイズが大きいジップロックとして使用するため圧縮はしません。こんな感じで10本入れました。

一本飛び出てるタペストリーがA1サイズ(594mm*841mm)です。圧縮袋のサイズ表記が外寸なので割とギリギリになりました。
ごみ箱に収納してみるとこんな感じです。
丁寧に入れないと袋の中でタペストリーが動いちゃうけど、防虫も防湿もできてるって思うと良い感じですね!

ごみ箱の内寸幅が44cmくらいなのでタペストリー一本分空けて余りを折って収納しました。A1タペストリーを含んでの収納だと位置によっては蓋が完全には閉まらなそうですが、蓋はホコリ除けなのでその点は問題なしです。A1タペストリーを収納するときは「縦70cm」が良さそうですね。横は余ったので、このごみ箱に合う理想サイズは「45*70cm」くらいかも。
購入前に底がある立体圧縮袋も検討しましたが、この感じだと立体じゃない方が良いと思います。


45*60cmの圧縮袋2に入れてみる
続いてダイソーで購入した45*60cmの圧縮袋に収納してみます。同じく10本入れてみました。こちらは完全にB2サイズ専用っぽいですね。(B2サイズ:515mm*728mm)

7984.jpg

ごみ箱に入れても縦にも横にもちょうど良いですね!これならB2のみの収納なら「45*60cm」になりそうです。あと、ちょうど収まってるためかタペストリーが中でずれないのも良い感じです。

防虫剤と乾燥剤
防虫剤と乾燥剤はとりあえず入れてみました。「ピレパラアース 防虫剤」は防虫だけじゃなくて、防カビ黄ばみ防止消臭までしてくれます。値段も546円で48袋なのでお得な感じがしますね。乾燥剤については抱き枕カバーの収納に使ってるものと同じなので、それについては「抱き枕カバー用おすすめ乾燥剤」を覗いてもらえたらと思います。



そんな感じでタペストリーの収納レポートでした。しばらくはこの収納方法で整理していきます。
収納自体は時間がかからないので、収納のポイントはB2タペストリーが入る圧縮袋とそれが入るケース探しになりそうです。
少しでも参考になりましたら幸いです。
くりすたる
Posted by くりすたる
投稿 2019年07月12日
最終更新 2019年07月14日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply